アットホームタナカは山口県周南市で木造注文住宅を建てる元気な会社です

アットホームタナカ


tel.0120-764-333 FPバナー

会社概要 お問い合わせ・資料請求

心も体もほっとするアットホームな家づくり
やまぐち・周南 ふるさと散歩道

~上関(室津)~  2017年春

 上関町は山口県の最南端に位置し、周防灘に向かって突き出した室津半島の先端部と長島、祝島、八島などの島々からなっています。 古くから海上交通の要こう「下関」、「中関」、「上関」として栄え、江戸時代には朝鮮通信使などが訪れました。

   上関海峡温泉「鳩子の湯」

地下1,000メートルからくみ上げる天然温泉、「石の風呂」や「木の風呂」、天井高8メートル以上の広々とした開放感あふれる内湯、上関海峡を一望できる露天風呂など個性的な湯があります。館内には、お食事処「関亭」や売店、リラクゼーションルームなどもあります。

(住所)上関町大字室津924 TEL0820-62-1126 (営業時間)10002100〈入浴受付は閉店の1時間前まで〉 (休館日)毎月第3水曜日 (入泉料)大人600円、中学生未満300円、3歳以下無料、家族風呂2,500


 

    道の駅「上関海峡」

道の駅「上関海峡」は県道23号線沿いにあり、平成2612月にオープンしました。地元の漁師の皆さんや、農産品を作られる生産者の皆さんとともに、このロケーションだからこそできる鮮度抜群の海の幸、太陽の恵みとミネラルたっぷりの農産物、それらで作った上関ならではの料理や加工品を提供する道の駅です。

(住所)上関町室津904番地15

TEL0820-62-1139

(営業時間)8301730

(定休日)1/13

    皇座山(おうざさん)山頂

山口県百名山のひとつに選ばれている皇座山。室津半島の先端に位置しおり、瀬戸内海の展望台として眺めはすばらしいです。

上関海峡や瀬戸内の多島海美、四国、九州まで遠望でき、展望台や手前の山道に下がると島々のパノラマが広がります。

山頂付近には源平合戦当時の史跡が残っていて歴史を感じることもできます。また、頂上まで6.5kmのドライブウェイも整備されハイキングコースにも最適です。

山頂の皇座山稲荷は商売繁盛祈願に参拝する人が多いそうです。

~防府市~  2016年夏

 防府市は、山口県のほぼ中央部に位置し瀬戸内海に面しており、古くから周防の国の国府として栄え、また、交通の要衝として発展した歴史のあるまちです。市内北部は、日本三天神の一つ防府天満宮の門前町として商業が発展。南部は、毛利藩時代からの三白政策の一つ、製塩業が盛んでした。

       防府天満宮  

学問の神様、菅原道真公を祀った神社で、京都の北野天満宮福岡の太宰府天満宮と共に日本三天神と称せられています。九州で公が亡くなった翌年(904)に、国司がこの地に松崎の社を建立し公を祀ったと伝えられ、日本で最初の天満宮として創建されたといわれています。

2月には、公が愛した梅の花が境内に見事に咲き誇り、梅まつりが開催されます。また、四季折々に多彩な祭事が催され、多くの参拝客であふれます。 

(住所)防府市松崎町14‐1 (TEL)0835-23-7700

 

     東大寺別院阿弥陀寺  

 東大寺再建のため周防国へ西下した俊乗房重源上人が、後白河法皇の現世安穏を祈って、文治3年(1187)に建てた古刹です。宝物館には、国宝の鉄宝塔をはじめ貴重な仏像・古文書がたくさんあります。また、境内には80種約4,000本のあじさいが植えられ、あじさい寺としても有名で、11月には参道の紅葉が見事です。  

(住所)防府市大字牟礼1869 / (TEL)0835-38-0839 / (入山料)無料(6月1日~30日のみ大人200円、中学生以下無料) / 

(宝物館拝観料)大人400円、中・高校生200円

 

        大平山  

大平山は防府市の最高峰(631.3m)で東京スカイツリーの高さとほぼ同じです。山頂部分は公園として整備されています。  大平山山頂公園には、「展望広場」・「芝生広場」・「遊びの広場」・「多目的広場」の4つの広場があり、アスレチック系遊具や、コンビネーション遊具などが設置され、防府市のレクリエーションスポットになっています。また、防府の最高峰から望む瀬戸内海の島々や、園内の10万株のツツジなどの美しい景色を楽しめる場所としても親しまれています。 

※山頂までは車で行くことができます。

 

~周防大島~  2016年春

 周防大島町は県東南部に位置し、瀬戸内海に浮かぶ島では3番目の面積を有し島と本土とは大島大橋によって連結しています。大半を山地が占めており、比較的温暖で青く澄みわたる瀬戸内の海と四季の彩り豊かな美しい自然を有する町です。     

    道の駅 サザンセトとうわ

 瀬戸内海の海の幸、豊かな自然に育まれた農産物、大島みかんの加工品などの販売はもちろん、ジェラート、蜂蜜、地酒、ハワイアングッズなどバラエティーに富んだチャレンジショップがあります。

 また、地元の食材を使ったレストラン・カフェも人気があり、情報コーナーには、タッチパネルによる観光案内や各種パンフレットが設置されています。

(住所)大島郡周防大島町大字西方1958-77 / (TEL)0820-78-0033 / (営業時間)10:00~18:00 / (定休日)毎週水曜日

 

    温泉・潮風呂

 周防大島には海水を含む温泉「竜崎温泉」、「片添ヶ浜温泉」、「周防大島温泉」と、島に古くから伝わる潮風呂があり、それそれ島の潮湯として親しまれています。潮湯は塩分の高い海水ならではの浮遊感と美肌効果で人気が高く、また露天風呂からは美しい瀬戸内ブルーの眺望が広がり、まるで瀬戸内海が湯船になった気分を満喫できます。

 竜崎温泉・潮風呂保養館・遊湯ランドと3つの日帰り入浴施設があり、島遊びを満喫した一日の締めくくりに島の湯へ立ち寄りリフレッシュするのもよいでしょう。

 

    みかん鍋

 山口県みかん生産量の80%を占める「みかんの島」こと周防大島が誇る、温州みかんと瀬戸内海の新鮮な魚介類を使用した名物料理「みかん鍋」。みかん鍋の定義は、体に優しい橘皮が香る「鍋奉行御用達」の焼きみかん、爽やかな柑橘の香りを練り込んだ地魚のつみれ、薬味としてピリリと辛いみかん胡椒、お鍋の最後はふわふわメレンゲによる淡雪みかん雑炊。これらの定義に基づく具材や薬味、調理方法を遵守した、周防大島の名物料理です。島内12店舗の周防大島鍋奉行会で食べることができます。
 

~下松市~  2015年夏

 下松市は山口県南東部に位置する周南市と光市に挟まれた市で、沖には笠戸島を配し、大きな内海を抱えています。遙か昔、この地の松に大きな星が降ったという伝説から、「星が降(くだ)った松」「降り松」となり、「下松」となったのが地名の由来とされています。 

   

    滝の口河川公園

     川遊びができます。        

    米泉湖

 米泉湖は、平成3年に完成した末武川ダムのダム湖(周囲約5km)です。末武川ダムは、えん堤部分にコンクリートではなく、岩が使われているという全国でも珍しい「ロックフィル工法」で造られたロックフィルダムで、高さ89.5m、総貯水量19,570,000立方メートル。ダム周辺の米泉湖公園には、野外音楽ステージや文学碑プロムナードなどが整備され、ジョギングや散歩が楽しめる憩いの場となると共に、年間を通して様々なイベントが開催されています。        

    花岡八幡宮

 花岡八幡宮は、和銅2年(709年)に、豊前国(大分県)宇佐八幡宮の分霊を歓請して祀られた由緒ある神社で、拝殿には従一位近衛忠熈卿の筆による「永受嘉福」の扁額や、江戸時代の風俗がよくわかる御神幸絵図などが奉納されています。また、市指定有形文化財に指定されている刃渡り345.5㎝の破邪の御太刀(はじゃのおんたち)は、藤原国綱が門弟5人手伝い2人を従えて、砂鉄300貫を鍛え、川を堰きとめて焼きを入れたと伝えられています。

●住所/下松市末武上        

    きつねの嫁入り

 「きつねの嫁入り」は、昭和25年(1950年)秋に、花岡福徳稲荷社の第1回稲穂祭の催しのひとつとして誕生し、以来毎年、下松の奇祭として開催されている神事です。

 祭りでは、白狐の新郎新婦が仲良く並んで人力車に揺られ、後ろに紋付袴姿の親族やお供が続き、勘場跡地から花岡駅までの旧街道をゆっくりと進みます。きつね夫婦役には、地元の独身男女が選ばれ、新婦役となった女性は良縁に恵まれることから、同神社は縁結びのご利益もあるといわれています。        

~山口市徳地~ 2015年春

 徳地は、山口県のほぼ中央に位置し、北に中国山脈を背負い南は瀬戸内海沿岸方面に続く地域にあり、総面積の89%を山林が占めています。ここ徳地には、大木を運搬した跡、伐採に従事した人々の健康の為に上人が作った石風呂(現在のサウナ)、寺社や仏像など、重源上人に関する史跡や伝承が多く残っており、上人と徳地の結びつきを色濃くしています。   

  


    大原湖

 大原湖は、澄んだ湖として知られる徳地のシンボル。隣接する「ふれあいパーク大原湖」は、キャンプやレジャーなどアウトドアを満喫できる充実の施設です。       

   

    月輪寺薬師堂〈重要文化財〉

 文治5年、重源上人が大政大臣藤原兼実の協力を得て建立したものと伝えられ、県下最古の木造建造物です。薬師如来など多数の仏像が安置されています。       

         



    南大門

  徳地で採れた新鮮な野菜や特産品等の販売のほかにも、観光や史跡の紹介など、徳地の玄関口として親しまれています。        

    


    ふれあいセンター ロハス島地温泉


 ロハス島地温泉は、源泉かけ流し。ヒノキ風呂と岩風呂があり、2011年にオープンしました。さらに、地域から姿を消したお食事処と物産物販売所を備え、地元の新鮮野菜などが並ぶ朝市も開催しています。里山の風景を眺めながら、ゆったりできる施設です。
●住所/山口市徳地島地2102-4

●TEL/0835-54-4545

●入浴時間/10時~20時(受付19時まで)

●入浴料/大人(中学生以上)510円、小学生250円、乳幼児無料

●休館日/毎週水曜日(祝日の場合は翌営業日)、年末年始(12/291/3)        

         



    国立山口徳地青少年自然の家

 「森林セラピー基地」の認定を受けた大原湖や長者ヶ原の豊かな自然に囲まれ、青少年を育成するためのさまざまな体験活動ができます。        

~下松市笠戸島~ 2014年夏

  笠戸島は、下松市沖の瀬戸内海に浮かぶ三日月形の離島。「七浦七岬」と呼ばれる変化に富んだ海岸線と、豊かな自然に恵まれた島です。昭和45年に笠戸大橋(156.2m)が開通したことで本土と繋がり、下松市街から手軽に渡れるようになりました。全島が瀬戸内海国立公園に指定され、笠戸大橋からは瀬戸内海が望めます。

             笠戸大橋・夕日岬

 昭和45年(1970)年に完成した、赤色が目印のランガートラス橋です。完成後は、本土と島を結び産業を活性化し、下松の発展に大きく貢献しました。この橋をバックに望む朝焼けや夕焼けのグラデーションはひときわ美しく、まさに「絶景」と呼ぶにふさわしい橋です。

 笠戸大橋を渡り少し進むと「夕日岬」という、西日本有数の夕日の名所があります。海水の浸食により穴の開いた「はなぐり岩」と見る夕焼けはひときわ美しく、カメラマンも多く訪れる人気スポットです。水面が茜色に染まる冬場がお勧めです。        

         

    はなぐり海水浴場・海上遊歩道

 笠戸島ハイツの下にある人工海水浴場です。隣接している親水緑地公園には、干満で海水が出入りする「潮入プール」や砂の広場があり、駐車場も広く約70台の駐車が可能となっています。車椅子で浜辺まで降りることができるスロープも完備されています。

 海水浴場の南側には全長約300mの「海上遊歩道」があり、遊海上散歩が楽しめるほか、釣りなどが楽しめる突堤や「ひらめ供養塔」もあります。

●開設期間/~8月20日(水)

                                      ●監視時間/9時~17時

                                                                  ●施設/トイレ、シャワー(100円)、無料駐車場(約70台)       

         笠戸島家族旅行村

  笠戸島国立公園内にあるキャンプ場です。標高約150mの丘の上から笠戸湾を見渡す景色は絶景、自然あふれる園内での散策も楽しめます。7月・8月はケビンでの宿泊、オートキャンプ、バーベキューが楽しめ、ランドリーや温水シャワーなどの設備も整っています。施設内の売店は、4月から8月の土・日・祝日の9時30分から16時まで開設しています。

●住所/下松市笠戸島14-1

●TEL/0833-52-1001

                                                                                    ●開門時間 9時~17時(7、8月は7時~22時)

                                                                                    ●各施設の利用料金は、お問い合わせください。       

~周南市鹿野~  2010年春

    豊穣もたらすせせらぎ響く町、鹿野を歩く

 かつて岩崎想左衛門重友が漢陽寺の裏山をくり抜き、苦心の末に渋川の水を鹿野の地に引き込んで以来、潮音洞からの豊かな水が流れる音が町中に心地よく響く清流の里。

 漢陽寺から鹿野総合支所へ至る清流通りはもちろん、標高1000メートル以上の長野山緑地公園は夏とても涼しく、ご家族やまたそのほか、せせらぎ、豊鹿里パークなど、鹿野の自然を満喫できる施設も充実しています。

春には鹿野支所のしだれ桜、秋には漢陽寺の紅葉など一年を通して自然が美しく、見どころが沢山あります。

 清々しい空気をいっぱいに吸い込んで、鹿野をゆっくりと散策してみませんか?

     漢陽寺(鹿野上)

 県内屈指の名刹で、中国観音霊場15番礼所として多くの参拝者が訪れます。庭園は昭和の雪舟と呼ばれた日本庭園の権威故重森三玲氏が作庭の設計、指導。各時代の様式の庭園がひとつの起因に揃っているのは日本で唯一本院だけです。     

●長野山緑地公園

●潮音洞

●ライオン岩

~光市室積~  2009年夏

  室積は江戸時代に北前船の寄港地として栄えていた。

当時の名残りを残す町並みを散策したり、四季折々の花や瀬戸内海国立公園のコバルトブルーの海を一望できる冠山総合公園など、見どころいっぱいのエリアです。

●室積象鼻ヶ先       

●光ふるさと郷土館       

●冠山総合公園

●御手洗燈籠堂

●室積海水浴場

~櫛ヶ浜~  2009年春

 櫛ヶ浜は古くからの漁村。町並みは奥行きの広いいわゆるウナギの寝床型つくりの家が軒を連ねています。左の写真は本町の通りから一つ海沿いへと入った通り。猫の姿をしばしば目にするのも漁村らしい風景。

 また、太華山へと足を伸ばして山頂へと上ってみると東に目を向けると下松、光方面、北に目をやると徳山の工業地帯や町並みを望めます。春には桜や新緑、秋には紅葉などが美しい・・・

      

●昔ながらのたたずまいを残す櫛ヶ浜の町並み

●太華山、山頂より徳山の工業地帯を眺める

●櫛ヶ浜漁港

●太華山は、春は桜の名所。 

ちょうど桜が綺麗な毎年4月の第1日曜日、山開きが行われます。
       

~永源山公園頂上展望台より~  2008年秋

 永源山公園頂上展望台より見たふるさとの風景です。

ウォーキングをされる方も多いです。市民の憩いの場     

●周南大橋
  天気が良ければ、国東半島や豊前地方が臨めます。

●黒髪島
  大阪城築城時、石垣を作るために切り出された石  を採掘したことで有名です。

●四熊岳
  周防富士とよばれています。

●護国神社
  戦没者が祀られています。        

●護国神社へ向かう入口       

周南コンビナート
  天気次第では、上関から四国まで見れます。